カードローンを知る

カードローンをみてみると、分かりやすく大きく3つの種類に分けることができますがそれは、銀行系、信販系、消費者金融系となります。たとえば銀行系カードローンは、主に大手銀行や信託銀行、地方銀行などの金融機関が発行しているものであり、信販系カードローンは、信販会社やクレジット会社が発行しているもの、消費者系カードローンは、消費者金融会社が発行しているものですが、どのカードローンを利用するかは、借り入れる金額や、目的、安全性などがポイントとなってくるといえます。さらには安全性という点で見てみると、やはり大手銀行が商品としているものを選ぶのが無難でしはないかといえます。さらには世間的にも知名度の高い銀行であれば、強めの返済を迫るような強硬手段を行うことは決してないのではといえます。ですが名前が広く知れ渡ってないような金融会社であれば、強く返済を迫ってくる可能性もないとはいいきれないですし、ですがその分、銀行系以外の金融のカードローンは審査が比較的通りやすく、勤続年数や年収条件を審査に設けている銀行カードローンに比べ、手軽に融資を受けることができる特長があります。とくに最近では、長い間不景気が続いていて、多くの人が給料やボーナスなどを抑えられている中で、お金が不足になった時に手軽に現金を調達することができますし、カードローンの利用者自体もかなり多くなっているのです。そういった影響などからも銀行でもカードローンのサービスを提供するところが多くなってきたといえるのですが、しかし、銀行系のカードローンといってもそこには2つのパターンがあって、1つは銀行自体でサービスを提供しているケースと、銀行と同じグループが提供している場合があるのです。銀行系のカードローンの特徴は、何といっても銀行が後ろに付いているということで信頼感があるということですが、その他にも銀行系の場合には低金利のものが多いので、金利の低さというのは一番のメリットであるといえるのです。しかし、銀行系の場合にはどうしても他社と比べるとどうしても審査が厳しくなるという傾向があるため、そのことで低収入の人や職業が安定していない人などは、銀行系のサービスを利用できないということも多いのです。さらに他者からの借入がある人も銀行系の審査に通ることは難しくなるので、審査に不安を持っている人の場合は、最初から他社のサービスを利用するように考えた方がいいといえます。このことからも銀行系のカードローンをおすすめする場合というのは、他社からの借入がなく、比較的安定した職業に就いている人ということになるのです。